ネットでどこでも! 府民交流フェスタ
トップへ
だんたいしょうかい

団体紹介

CATEGORY
文化創造

Woody Space Project

 京都府立大学と京都府立京都高等技術専門校の学生さんたちが、一緒に木材生産の流れを学習したり木製家具等を作成したりする機会を通じて、異分野間での交流を図る目的で活動されているのが「Woody Space Project」です。

学生同士の交流・相互理解や、専門分野の情報共有

 関連する分野を学ぶ学生同士の交流や相互理解を深める為、平成29年度より、京都府立大学の生命環境学部森林科学科、環境デザイン学科の2学科と、京都府立京都高等技術専門校の建築科(令和3年4月「住建築・リフォーム科」にリニューアル予定)の2つの学校間で実施されてきた連携事業。通常の訓練にはない、建築設計やデザイン、樹木の生育や特性などについて学ぶ事ができます。

完成したキタヤマベンチのリーフレット

フィールドワーク

 日本の国土の67%を占める森林。多くの野生生物のすみかや多様な植物の生育の場となっている他、緑のカーペットとして土砂災害や洪水災害を防止したり、緑のダムとして私たちの生活に欠かせない水を蓄えてくれます。さらに、大気を浄化したり私たちのレクリエーションの場となったり、都市周辺の重要な景観を形作っています。また、森林は私たちの生活を豊かにしてくれる木材の生産の場でもあり、古くからその恩恵を受け続けています。
 フィールドワークでは、実際に森林で樹木を調査し、森林が多様な機能を持ち私たちに利益をもたらしてくれること、建築資材としての特性を学んでいます。

豊かな自然とともに生きる学びの場

京都府立大学 生命環境学部 森林科学科

 実際に森林を体験しながら、豊富な実習・実技授業の中で、森林の調査や研究に必要な技術としての植物調査、測量、計測などを学ぶことができます。また、木質資源の利用に関する基礎技術を修得するための実験も充実しており、わたしたちの生活を豊かにする森林を科学的に観測できます。

京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン学科

 環境デザイン学科では、生活者の視点を重視した環境デザイン教育を行っておられます。 住居・建築学を基盤として展開される、生活環境や生活空間に関わる専門性の高い技術教育を軸に、環境配慮型生活、ランドスケープ、 インテリアプロダクト、生活文化などを包摂することで、その専門領域を拡充し、学生の多様なニーズにこたえています。

京都府立京都高等技術専門校 建築科(令和3年4月「住建築・リフォーム科」にリニューアル予定)

 実技実習と学科講義により、伝統的な建築様式から一般住宅まで、大工には欠かせない、基礎技能を身に付けることができます。


豊かな森林と伝統が共存する街だからこそ、自然とともにある建築、伝統構法を学校の垣根を越えて学べる京都ならではの素敵なプロジェクトですね。