ネットでどこでも! 府民交流フェスタ
トップへ
だんたいしょうかい

団体紹介

CATEGORY
新産業創造・成長

一般社団法人京都府木材組合連合会

木を切ることは環境に良い?いろいろいいこと、木をつかうこと。

 「木を切る」と聞くと、環境によくないと思いがちですが、そんなことはありません。人間もそうであるように、木にもパーソナルスペースが必要です。木の成長に合わせてその都度適正な本数を保つように調整したり、育ちの悪い木や枯れかかった木、場所を取ってしまう広葉樹などは、木材として私たちの生活に利用します。山の木を適切に利用することは、山も街も私たち自身も元気にしてくれ、CO2削減などの環境改善にもつながります。

 むしろ、切らないことで山の元気がなくなっているのが今の日本の現状。成長中の木の年間炭素固定料は上昇していきますが、ある樹齢以上になると減少し、老齢になると0に近くなります。
 大切なのは、老齢になる前の成熟期に木を伐採して活用し、植林をして新たに木を育てていくこと。この循環により大気中のCO2の森林への吸収・固定が継続され、地球温暖化防止につながるのです。

  京都の森林や林業の現場、京都の木の家で撮影した、京都府木材組合連合会が制作された「地元の木プロモーション動画」では、森を手入れする必要性、 木を使うことのメリットを分かりやすく紹介してくださっています。

地元の木を使おう!木でつくられたいろんなものギャラリー

地元の木を使うことは、輸送コスト削減にもつながります。木でつくられたぬくもりのあふれるお家や、日常に溶け込む癒しの木製品をギャラリーで紹介されています。

アンケートに答えるとプレゼント!

 京都府木材組合連合会ホームページからアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で50名の方に、木材製品グッズのプレゼントします。 みなさまのご応募お待ちしております。
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。
※締切は令和3年1月20日(水)