ネットでどこでも! 府民交流フェスタ
トップへ
だんたいしょうかい

団体紹介

CATEGORY
府民躍動

京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」広め隊

ひとりでも多くの人に歌を届ける。だれもが自分らしく生きることのできる社会を目指して

引用:京都人権ナビ 公式HP

 京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」広め隊は、例年、イベントや学校での人権集会等に参加し、誰もが親しみやすい歌を通した人権啓発活動に取り組まれています。

イメージソング誕生の経緯

「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である」この第1条から始まる「世界人権宣言」 が1948年の国連総会で採択されてから65周年の節目となった2013年、「京都人権啓発推進会議」が、作詞家の鮎川めぐみさんと作曲家の千住明さんに制作を依頼し、誕生したのが京都府人権啓発イメージソング「世界がひとつの家族のように」です。

動画撮影@伏見みなと公園

 2020年11月27日(金)、伏見みなと公園にて啓発動画撮影をされるようすを取材させていただきました。

作詞された鮎川めぐみさんによる手話と、フラリーパッドさんによる演奏のコラボレーションで歌の世界へと引き込まれます。

 動画内では、今回の撮影地である伏見みなと公園付近の紹介も。京都府内の各地で撮影をされているそうで、聞いてくれる方の知っている場所なら愛着を持って聞いてもらえ、歌がより身近に感じますね。

歌を届けるための新たなチャレンジ。動画撮影に至った経緯とその思い

府内各所で啓発動画の撮影

 例年、各地のイベントステージ等で歌を広めるべく活動されてきましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ステージ出演は難しい状況にあります。
 そんな中、オンラインに動画を掲載し、一人でも多くの方に向けた人権啓発活動ができるよう、京都府内各所で啓発動画の撮影に取り組んでおられます。

お問い合わせ

京都人権啓発推進会議 (事務局:京都府人権啓発推進室)
TEL
075-414-4271/4266/4267
FAX
075-414-4268
メールアドレス
jinken@pref.kyoto.lg.jp