わくわく体験!府民みんなの 「府民交流フェスタ」!
トップへ
だんたいしょうかい

団体紹介

CATEGORY
府民躍動

公益社団法人 京都府鍼灸師会

鍼灸の発展で国民の健康を

 京都府鍼灸師会は昭和23年に創立され、73年の歴史を有します。京都府内において鍼灸専門の唯一の公益法人として、鍼灸医療の普及と発展により、国民の健康保持増進に貢献されています。平成23年9月からは、公益社団法人として新たなスタートを切り、京都府民・市民の皆様の健康や心身養生に、なお一層お役に立つ事業や活動を展開されています。

プロの鍼灸師集団

 京都府鍼灸師会は、厚生労働大臣の所管する国家資格であるはり師・きゅう師の免許を有する者だけが加入できます。生涯教育に重点を置き、会員は常に学術の向上に切磋琢磨して努力を重ねており、質の高い鍼灸師として活躍されています。そのため、鍼灸師会会員の鍼灸院では安心して施術を受けていただくことができますので、お気軽にご相談ください。

鍼灸で健康な生活を維持

 昭和の名灸師深谷伊三郎の著書「お灸療法の実際」の中で、京都府立医科大学の青地正皓博士の論文「灸の白血球並びに血流に及ぼす影響」が引用されています。これによると、からだにお灸をすえると白血球の増加が起こり、施灸後まもなく平常の約2倍になり、3日ないし4日は続くとされています。台座灸がドラッグストアで手軽に入手できますので、お灸を継続することにより、免疫力が高まり、感染症に罹りにくい身体を作ることが出来ると言えます。

 はり・きゅうは人間の気血の巡りがよくなり、定期的な受療により、生き生きとした生活ができ、未病の段階で身体の不調の回復が図れます。運動器の疾患だけでなく、内科的な不調や不定愁訴等についても鍼灸は古来、適応してきました。お近くの鍼灸院でご相談いただき、鍼灸を生活の一部としてご活用してみてくださいね。

鍼灸の普及活動

本会主催「第54回東洋鍼灸医学大講演会」(府民・市民公開講座)

日 時   令和3年11月28日(日) 13時~16時20分

会 場   登録会館 大ホール(2F)及びライブ配信
      〒604-0845 京都市中京区烏丸通御池上る二条殿町546-2
      *会場参加者は先着60名に限定

参加費   無料  

演題1 「秘境の宿から世界の果てまで、届けこの想い!」
     〜100年越しの嫁、7代目女将の奮闘記〜
     講師 長野県地獄谷温泉後楽館 女将 竹節 三枝氏

演題2 「治効機序に基づいた慢性疼痛の鍼灸治療」
     講師 明治国際医療大学鍼灸学部 学部長 伊藤 和憲先生

健康保険や助成券での鍼灸施術

健康保険による鍼灸治療施術

 神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症等の慢性疼痛疾患は、医師の同意書があれば、(諸事情により適用できない場合を除き)健康保険で鍼灸施術を受けることができます。慢性的な疼痛を主訴とし、神経痛やリウマチ等と同一範疇と認められる疾病であれば、適用対象となる場合があります。

鍼灸施術費助成事業

 高齢者の健康の保持・推進に役立てるため、鍼灸施術費の一部助成を行っている自治体があります。以下の表を参照ください。

自治体適用年齢市町助成金/回契約施術所助成金/回年間回数
京都市満75歳以上1,000円4回
京田辺市満65歳以上1,000円1,000円12回
城陽市満65歳以上1,000円1,000円12回
久御山町満65歳以上1,000円1,000円12回
精華町満65歳以上1,000円1,000円6回

鍼灸で健康な生活を維持

 昭和の名灸師深谷伊三郎の著書「お灸療法の実際」の中で、京都府立医科大学の青地正皓博士の論文「灸の白血球並びに血流に及ぼす影響」が引用されています。これによると、からだにお灸をすえると白血球の増加が起こり、施灸後まもなく平常の約2倍になり、3日ないし4日は続くとされています。台座灸がドラッグストアで手軽に入手できますので、お灸を継続することより、免疫力が高まり、感染症に罹りにくい身体を作ることが出来ると言えます。
 はり・きゅうは人間の気血の巡りがよくなり、定期的な受療によって生き生きとした生活ができ、未病の段階で身体の不調の回復が図れます。運動器の疾患だけでなく、内科的な不調や不定愁訴等についても鍼灸は古来、適応してきました。お近くの鍼灸院でご相談いただき、鍼灸を生活の一部としてご活用されてはいかがでしょうか。

 京都府鍼灸師会は、今後もなお一層、京都府民の皆様のご健康の増進等にはり・きゅうがお役に立ちますよう、力を尽くして活動されていきます。