ネットでどこでも! 府民交流フェスタ
トップへ
NEWS

お知らせ

「お知らせ」トップ画像
2021/02/19

京都府総合計画 5つのカテゴリー 子育て環境日本一

以前、簡単にご紹介した京都府総合計画の5つのカテゴリー。皆さまにもっと知っていただきたい!ということで、それぞれについてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

「子育て環境日本一」きょうとチャレンジ

今回取り上げるのは「子育て環境日本一」。

『行政、府民、地域、企業などあらゆる主体の総力を結集し、「子育て」の視点から社会を変革する』を基本方針とし、目標に向かって様々な取り組みを行っています。

子育てに喜びや楽しみを感じている親、子育ての悩みを気軽に相談できる人がいる親の割合をアップさせるような取り組みや場所を増やしたり、子育てに適した環境の職場の数を増やしたり。「住んでいる地域が、子どもが育つのに良い環境」だと思う人の数が増えるよう対策を立て、日々実行しています。

子育てへの意識改革はもちろんのこと、若者向けに結婚や子育てを支援する制度を紹介したり、不妊治療を含む医療体制の強化なども行っています。

府民・地域と企業・経営者が協力し、日本一の子育て環境を目指します。

府民交流フェスタでの「子育て環境日本一」

今年度の府民交流フェスタでも、たくさんの団体が「子育て環境日本一」のカテゴリーとして紹介されています。

子育てをより楽しく円滑にできるようにサポートし、子どもたちがのびのびと成長できる場を整えます。

子育て環境日本一 団体一覧

稲荷の家ほっこり
京都老人福祉協会が高齢者・児童向けサービスの場として伏見区にて運営されている福祉施設です。医療的ケアの必要なお子さんとそのご家族の居場所として、保育スタッフが見守る中でお子さん、親御さんが交流できる場となっています。季節のイベントや学習会なども行なっています。

非営利活動法人そよかぜサポート
「子育てするなら京田辺、住むなら京田辺」。そんな地域になることを願い、「愛」「信頼」「絆」を信条に活動されています。地域再生を目指す人々(点)が増え、その活動の中で繋がりが生まれ、(線)、線が重なり面になる。そんな命を育てる地域のお手伝いをしておられます。

スマイルプレイス
大山崎で活動される子育て支援団体です。「地域の子どもは地域のみんなで育てる」ことを目指して、子育てをする世帯・家族を暖かく見守り、手助けできる地域を目指して、そして子どもたちがそんな大人たちを見ながら自分を大切にする心を持って育ってほしいという想いで活動されています。

親と子の相談室 MYSELF (まいせるふ)
宇治市で活動される子育て支援団体です。日々の子育ての中で、他の子と比べてしまう、子育てに自信がなくなってしまいそうなとき、相談できる場所の一つとして開設されました。自分らしさを大切に。親に、子どもに寄り添う子育てサポートをされています。

日本ボーイスカウト京都連盟
ボーイスカウトは、ただ子供達が野外で遊び、アウトドア好きになっていくだけの活動ではありません。自然を肌身で感じることを通じ、1人の人間として自主性、協調性、社会性、たくましさを培っていくことが活動の精神です。
年代に応じて、スカウトたちは様々な挑戦へと挑みます。

一般社団法人ガールスカウト京都府連盟
日本のガールスカウト運動は2020年に100周年を迎え、全国4万人、979団が「やくそく」と「おきて」を守り、活動されています。少女達が世界に目を向け、自分自身や社会課題に対して挑戦し、経験と自信をつけた女性に成長できる場です。ガールスカウトは、どんな状況下においても、自分たちで考え行動し、仲間とともに、素敵な未来の自分、より良い社会のために活動しています。

子育て支援ぼちぼちステーション
拠点は長岡市の気取らない民家の一室。子育てという旅の途中で立ち寄り、一息ついてみませんか?「子育て支援ぼちぼちステーション」は地域の人と子育て中の人が、暮らしを楽しむためのボランティアサークルです。子育ては大変だけど、子どもがいたからこそこんなに楽しめた、そんな気持ちになれる場を提供しています。

京都府PTA協議会
生涯学習の担い手であることを自覚し、子どもたちの健やかな成長を願い、保護者と教職員が互いに交流・学習することを通して自らを高めるとともに、生命と健康に関する理解を深め、教育環境や社会環境の改善・充実に努めることを目的とする社会教育関係団体です。

京都府立高等学校PTA連合会
府下の各高等学校PTAの活動がより良いものになるよう、情報共有、研修会等を通じた会員の意識向上に勤めるなどの活動をされる、各高等学校PTAの連合組織です。60の加盟PTAが各学校の適切な運用のため、子どもたちをサポートしてくださっています。

ぱおぱおつながり
京都伏見の「子育てホッとスペースぱおぱお」を拠点に活動される団体です。これから子育てをする家族に「伏見に住んでいて楽しいなあ。よかったなあ。」と思う子育てをしてほしい!そんな思いを持つ仲間が自然と集まり、イベントなどを行われています。天然の漆喰、京都府産の杉を使用した施設は体にやさしく、子どもたちが伝統に触れる機会を提供してくれます。

京都府連合婦人会
昭和22年、舞鶴港に到着する引揚者のお世話をする活動を第一歩にスタートしました。以来、人々が安心して暮らせる地域社会の形成をめざして、地域に根ざした活動を行われ、平成29年には、創立70周年を迎えられました。「人がつながり むすび ともにはぐくむ 地域社会」を目標に、あたたかい心の通い合う安心安全な住み良い地域づくりをめざして活動されています。

公益社団法人 京都府青少年育成協会
次代を担う青少年が豊かな心をはぐくみ、社会の一員として、自立し心身ともに成長することを願い、昭和 42 年 9 月に結成された府民運動団体です。「明るい家庭と地域の輪が育てる心豊かな青少年」を合言葉に、青少年をあたたかく見守る地域社会づくりを推進するために「 6 項目の重点目標」を掲げ、取組を推進しています。

NPO法人子育てサークル虹色でんしゃ
日々子育てに追われ、忙しい毎日を過ごすママさんを心身ともに癒し、他愛もないおしゃべりなどができる時間を与えてくれる場です。ママの「してみたい!」を叶え、さまざまな講座を体験できる「虹色いろいろ体験会」、なんらかの理由で外に出られないママのための「足もみde産後ケア&育児ケア訪問」サービスを提供されています。

京都保育の魅力発信キャンペーン実行委員会
保育士の方はもちろん、中高生・大学生など学生の方、社会人の方など幅広い方々に対して、保育に関する様々な情報や魅力を発信する取組を行っておられます。保育士の確保・養成が課題の京都府。保育の魅力に気づいてもらうきっかけづくりとして、ポータルサイトやSNSでの発信を行っています。

1つ1つの団体が「子育て環境日本一」を実現するためにも欠かせないものとなっています。ぜひ一度、団体紹介のページをご覧ください。